ようこそ世界平和道場の公式ブログへ!!あなたとのご縁を感謝いたします。 Welcome to Global Peace Dojo's Official Blog!!
news

 第35回 『本来の精神に目覚めて』 (03/23)

 第34回 『この世に生れて来て』 (02/10)

 第33回 『解決の糸口』 (12/09)

 第32回 『全てのものに中心あり』 (01/15)

 第31回 『ご先祖』 (09/29)

 第30回 『I.H.M. WORLD創刊にて対談。佐藤昭二 x 木村方子』 (04/13)

 第29回 『台風の目』 (03/29)

 第28回 『覚悟とは...』 (12/31)

 第27回 『I.H.M.World特集~スペシャル 3~』 (10/30)

 第26回 『I.H.M.World特集~スペシャル 2~』 (10/17)

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回 『私の先生』

 私の先生は、村上清という方である。

 今年91歳。

 常に国家社会を論じておられる。

 このほとばしるようなエネルギーはどこから来るのだろう?

 常に自分の生死を越えた処に

 意識を置いておられるのかも知れない。



この先生とは、このような事があった。

私の友人にひとり娘さんが居られた。

この娘さんが結婚し、子供が産まれる時、

病院においてウイルス性脊髄炎をわずらわれ、結果的には母子共に亡くなられた。

本当に哀しい限りの結末である。

「佐藤さん、助けてくれ」

この時、友人は泣いて私に訴えられた。

「佐藤さん、助けてくれ。私の気持ちがどうにも治まらない。

 たったひとりの娘が、あと何日もせずに私の処に、

 初孫を抱いてくるはずだった。

 私の友人の医師達は『これは医療ミスだ!』と言っている。

 しかし、裁判に掛けて勝ったところで、亡くなった娘と孫は帰って来ない。

 ただただ、この気持ちが治まらない」

私はこの事を、村上先生に相談した。

先生はこの時福岡に住まわれていたが、

この話を聞いて、友人と話すために彼の住む東京へ出かけられた。

一度や2度ではない。

何度も何度も通われたのだ。

そのうち、友人の方から

「何度も、福岡から東京へ出向いていただいて誠に有り難い。

 出来れば交通費だけでも出させて頂きたい」

との連絡があり、私は事の仔細を村上先生に申し上げた。


すると先生は、

「佐藤さん、人間こんな時にお金を使わないで、いつ使うんだ?

 お金とはこんな時にこそ使うものでなければならないのではないか?」

と言われた。

これこそ、経済の基本はここにあると感じた。

世を治め民の苦しみを救う、正に経世済民である。

合掌。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サイト内検索
総合カウンター
只今 人が観覧中
ご挨拶 (※詳細は画像をクリック↓)
コミュニティー『皆で情報交換&交流』
↑こちらをクリックした後、数秒間白い画面のままですがお待ちください。
過去の記事

全ての記事を表示する

総記事数:
公式 Facebook
公式 Twitter
TweetsWind
お問い合わせ (※詳細は画像をクリック↓)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。