ようこそ世界平和道場の公式ブログへ!!あなたとのご縁を感謝いたします。 Welcome to Global Peace Dojo's Official Blog!!
news

 第35回 『本来の精神に目覚めて』 (03/23)

 第34回 『この世に生れて来て』 (02/10)

 第33回 『解決の糸口』 (12/09)

 第32回 『全てのものに中心あり』 (01/15)

 第31回 『ご先祖』 (09/29)

 第30回 『I.H.M. WORLD創刊にて対談。佐藤昭二 x 木村方子』 (04/13)

 第29回 『台風の目』 (03/29)

 第28回 『覚悟とは...』 (12/31)

 第27回 『I.H.M.World特集~スペシャル 3~』 (10/30)

 第26回 『I.H.M.World特集~スペシャル 2~』 (10/17)

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第21回 『萬事の源は「志」にあり』

  新年明けましておめでとう御座います。

 昨年の日本を取り巻く世界情勢は

 私達の想像をはるかに超えた所に有るようだ。

 対応する日本の政治のあり方のお粗末さは

 ただただ「恥」の一語に尽きます。

 何故こうもお粗末なのだろう。

そこに見えてくるのは、
政治家になるのが目的で政治家になっている...

そんな人達ばかりであるように思えてならない。

本来国の大事を憂いてそれを解決すべく

また地方の大事を憂いてそれを解決すべく

国政の議員に、あるいは地方の議員へと進むのが道理と思うが

そこには目的の大儀がなく、

只政治家になるのが目的で政治家になってしまった様に思える。

すなわち、

志が見えない、志のなき者は中心が定まらない

中心の定まらない者はこの世を彷徨ってばかりいる。

此れは団体であれ個人であれ全て同じである。

中心を見失った人はこの世をさまよう。

裏を返せば、「さまよう」とは

中心を探している事に他ならないとも言えるのだが...

かつて英国の世界的歴史学者アーノルド.トインビーが

昭和42年の秋

二度目の訪日の折、伊勢神宮に参拝して


「この聖地において、私は、すべての宗教の根源的統一性を感得する」

と感動して、毛筆で記帳されたと言われている。


伊勢神宮とは、

我々国民が住んでいる日本国全土に何万社と有る氏神様の総本社である。

此の氏神様が有ってここに私達の先祖霊が鎮まるのである。

ゆえにご先祖が鎮まる氏神様から見てそこに住む私達を氏子と言うのである。

この氏神様の総本社である。

神宮の祭司は皇室からでなければならない様になっている。

天皇陛下が毎朝長時間行われている四方拝の儀式は、

私達の祖霊に対して行われているのである。

日本はまさしくトインビーの言われた「宗教の根源的統一性を感得する」



アインシュタインの言われた

「アジアの東の国の最も古い家柄の盟主をたてて世界は1つになるであろう」

と、中心の大事さを訴えている。

私たちは今こそ夫々各自のご先祖、先人に心を繋ぎ中心を定め明日に進まねばならない。

それが「志」であり、まさしく「世界の大政奉還」である。

合掌。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サイト内検索
総合カウンター
只今 人が観覧中
ご挨拶 (※詳細は画像をクリック↓)
コミュニティー『皆で情報交換&交流』
↑こちらをクリックした後、数秒間白い画面のままですがお待ちください。
過去の記事

全ての記事を表示する

総記事数:
公式 Facebook
公式 Twitter
TweetsWind
お問い合わせ (※詳細は画像をクリック↓)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。