ようこそ世界平和道場の公式ブログへ!!あなたとのご縁を感謝いたします。 Welcome to Global Peace Dojo's Official Blog!!
news

 第35回 『本来の精神に目覚めて』 (03/23)

 第34回 『この世に生れて来て』 (02/10)

 第33回 『解決の糸口』 (12/09)

 第32回 『全てのものに中心あり』 (01/15)

 第31回 『ご先祖』 (09/29)

 第30回 『I.H.M. WORLD創刊にて対談。佐藤昭二 x 木村方子』 (04/13)

 第29回 『台風の目』 (03/29)

 第28回 『覚悟とは...』 (12/31)

 第27回 『I.H.M.World特集~スペシャル 3~』 (10/30)

 第26回 『I.H.M.World特集~スペシャル 2~』 (10/17)

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第23回 『見えるものの奥にある見えないものを見る時』

 過日(6月18日)伊勢修養団の前館長であらせられた

 中山靖雄先生をお訪ねした。

 初めてお会いする方では有ったが先生のお言葉は

 「懐かしい、逢いたかった」

 と何度も言われ、はらはらと涙をこぼされた。

 又、先生は「佐藤さん貴方は本当に健康な方ですネ」とも・・・

中山先生は全く目が見えない方である。

....にも拘らず全てを見通して居られる。

健常者のはずである私の様な人間よりずっと物が見えている。

人生のはるか先まで見通して居られると感じさせられた。

ややもすると私達は目が見えるが故に、

見える目先の事柄に囚われて

その奥にある本質を見失ってしまう事が多々あるのではなかろうか?

今度の東日本大震災で亡くなられた方、

行方不明者合わせて約2万7千人と聞く未曾有の大惨事です。

誠に悲しい限りで有り、ご冥福を心からお祈りせずにはいられない。

しかし、わが国では、殆んど人目に付く事無く毎年3万数千人の方が自殺している。

さらに無縁孤独死の数は自殺を上回るともいわれている。

このおびただしい数を私達は意に介する事無く日常は流れている。

私はその「意に介する事無く流れる日常」に恐怖を感じる。

東日本大震災に、

東京都知事の石原慎太郎氏は「天罰」と云う言葉を使われたが、

それは東北の人々に対してではなく

日本国全体のまさに「意に介する事無く流れる日常」

すなわち目に見える功利打算、

経済至上主義に走った国民全体への叫びで有った...と、私は捉えさせて頂いた。

目に見える全ては、目に見えない陰からの現れである。

それを称して昔から私達は「お陰様」と言っているのである。

目に見えない先祖神々の動きを「日常に感じて生活をして行く」必要に迫られている。

これを「意に介さない日常」で有るならば、

第2、第3の災害も覚悟しなければなるまい。

伊勢修養団での学びは私の68年の人生で、大変大きな節目でありました。

合掌。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サイト内検索
総合カウンター
只今 人が観覧中
ご挨拶 (※詳細は画像をクリック↓)
コミュニティー『皆で情報交換&交流』
↑こちらをクリックした後、数秒間白い画面のままですがお待ちください。
過去の記事

全ての記事を表示する

総記事数:
公式 Facebook
公式 Twitter
TweetsWind
お問い合わせ (※詳細は画像をクリック↓)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。