ようこそ世界平和道場の公式ブログへ!!あなたとのご縁を感謝いたします。 Welcome to Global Peace Dojo's Official Blog!!
news

 第35回 『本来の精神に目覚めて』 (03/23)

 第34回 『この世に生れて来て』 (02/10)

 第33回 『解決の糸口』 (12/09)

 第32回 『全てのものに中心あり』 (01/15)

 第31回 『ご先祖』 (09/29)

 第30回 『I.H.M. WORLD創刊にて対談。佐藤昭二 x 木村方子』 (04/13)

 第29回 『台風の目』 (03/29)

 第28回 『覚悟とは...』 (12/31)

 第27回 『I.H.M.World特集~スペシャル 3~』 (10/30)

 第26回 『I.H.M.World特集~スペシャル 2~』 (10/17)

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26回 『I.H.M.World特集~スペシャル 2~』

 【自然の法則を知り御霊を磨けば人生はもっと素晴らしくなります】

 『何をやってもうまくいかない!』

 『自分の理想の人生とかけ離れている』

 『人間関係でいつも問題が起こる』

 そう感じている方は、

 この世にある『自然の法則』を知らないからかも知れません。

世界平和道場主の佐藤昭二さんが今の私達がすぐに実践できること、

よく生きるヒントを教えてくださいました。


【先祖供養には天茶が一番の方法】

大惨事となった東日本大地震では2万7000人ほど亡くなっていますが、

自殺者は毎年3万人それ以上に無縁孤独死の数が非常に多い。

これは自殺でなく、病死や餓死もあるでしょう。

これは先祖と切れてしまっている姿です。

自殺の多くは鬱から来るものであり、

鬱は先祖と完全に切れてしまっている状態なんですね。

こういった方法を減らすための一番よい解決法は

『天茶を使ったご先祖のご供養』だと考えています。

私のライフワークの一つとして、法薬とも呼ばれる天茶を広めていき、

ご先祖のご供養の大切さを伝えていきたいのです。

天茶は昔から様々な形で使われていて、酷い火傷や色々な疾患にも効果があります。

また、仏像などに天茶をお供えすると、わずか20~30分後には

コーヒー牛乳みたいにどろっとしてしまう事もあるんです!

御霊がお飲みになったからそうなるんでしょう。

天茶は色々な不思議な現象を起こしますし、

我々に大切なことをたくさん教えてくれます。

毎年4月8日は花祭り、お釈迦様のお誕生日ですが、

天茶で産湯を使ったといわれています。

ご先祖のご供養とは自分供養であり、自分の根源を治すことに繋がります。

たとえば、金太郎飴は切っても切ってもずっと同じ顔が出てきますね。

人間の問題の根っこも同じで、完全に根源を正さないと、

一度切ってもまた同じ顔(=悩み事)が出てくるんです。

ご先祖のご供養をしっかりしていないと問題の根本は解決できない。

逆にいえば、ご先祖のご供養が届けば、もう同じ顔(=悩み、問題)は出てきません。


【薄くなった信仰心や歴史観が現代の脆弱な日本の元凶】

江本先生は海外でこれだけ人気があるのに

何故日本ではまだまだ知られていないか。

それは、日本人にこういった宗教観が根付いた話を聞く教育をされていないからです。

日本人も昔は生活に根付いた素晴らしい道徳教育がなされていました。

しかし、戦後、GHQが介入し、『道徳』『宗教』『歴史』を封じ込め、

一切の教育を禁止するという形で、

重要な重要な3つの骨子を意図的に引き抜いてしまったんです。

恐らく、当時、GHQも日本人の精神性の高さに恐れをなしていたのでしょう。

天皇の存在に対しても彼らは恐れていたんだと思います。

日本人の高い精神性を支える

道徳、宗教、歴史を引き抜いてしまった結果、どうなったか。

それ以降、我が国の自殺者や無縁孤独死者が一気に増えてしまったのです。

先に述べたように

自殺と無縁孤独死者合わせ毎年約6万人近くが亡くなっていると言われています。

欧米諸国は今でも食事の前に手を合わせ神様に感謝するとか、

日常生活に宗教や神への感謝が根付いています。

対する日本は、

本来我々が持っていた高い精神性をGHQに引き抜かれてから、

信仰心や全てに感謝する心が非常に薄くなってしまいました。

昔の日本では、寺子屋でも学問だけでなく人間教育がなされていました。

今はそういった道徳教育を教える人たちがいないから、

極端な個人主義者やお金第一の拝金主義者や

マスコミの情報に踊らされている人たちが増えてきてしまったのでしょう。

今の時代こそ、公共性を持った意識、

公のために個として何が出来るかを考える力が必要なのではないでしょうか。

続く →

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サイト内検索
総合カウンター
只今 人が観覧中
ご挨拶 (※詳細は画像をクリック↓)
コミュニティー『皆で情報交換&交流』
↑こちらをクリックした後、数秒間白い画面のままですがお待ちください。
過去の記事

全ての記事を表示する

総記事数:
公式 Facebook
公式 Twitter
TweetsWind
お問い合わせ (※詳細は画像をクリック↓)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。