ようこそ世界平和道場の公式ブログへ!!あなたとのご縁を感謝いたします。 Welcome to Global Peace Dojo's Official Blog!!
news

 第35回 『本来の精神に目覚めて』 (03/23)

 第34回 『この世に生れて来て』 (02/10)

 第33回 『解決の糸口』 (12/09)

 第32回 『全てのものに中心あり』 (01/15)

 第31回 『ご先祖』 (09/29)

 第30回 『I.H.M. WORLD創刊にて対談。佐藤昭二 x 木村方子』 (04/13)

 第29回 『台風の目』 (03/29)

 第28回 『覚悟とは...』 (12/31)

 第27回 『I.H.M.World特集~スペシャル 3~』 (10/30)

 第26回 『I.H.M.World特集~スペシャル 2~』 (10/17)

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第28回 『覚悟とは...』

  平成23年3月11日

 私達にとって忘れる事の出来ない大惨事が有りました。

 勿論東日本の大地震であり、それに伴う巨大津波で有る。

 そして更にそれに伴って

 福島の原子力発電所の事故が今尚暗い影を落として居る。

 政府、国からの情報が何一つ信じられず、

国民の皆さんは常に疑心暗鬼の日々が続いていたように思える。

マスコミは常に恐怖感をあおり流れるニュースはネガティブな事ばかり。

その中で福島原発の近くの人たち

又、近隣の県、都の人達も沢山の方々が県外、

都外に逃げ出された方が居り、それは今尚続いている。

原発事故の翌日には国外に逃げられた方も居た。

それ程福島の原発事故は国民の皆さんに計り知れない恐怖を与えたのである。

この度、野田首相は事故の終息宣言をされたが、

この原発事故の終息は何を以って終息なのであろうか?

とても終息したとは思えない事ばかりである。

私は阿蘇の南外輪山に位置する山都町の依頼を受けて、

一昨年より「田舎暮らし」の相談を受けながら空き家調査をして居るが、

3・11以降急激に都会からの入居者の相談が増えて来ている。

幼い子供を抱えて、見えない放射能から逃げ惑う若い夫婦が来て居る。

その様な状態の中でとても印象に残った方が居る。

私の友人でもあり、とても尊敬する方で「美内すずえ」という漫画家である。

彼女の作品には「アマテラス」や「ガラスの仮面」等数多くの作品がある。

その彼女が事故当初は自分もこの東京から逃げ出そうと考えた様だ。

しかしその時「天皇陛下は如何されているだろう?」と考えた時、

陛下は皇后さまとご一緒に東北の被災地の方々をお見舞いされていた事を知り、

「とても自分の考えて居た事が恥ずかしかった」と述べて居られ、

「今後天皇陛下が東京に居られる間は自分も東京で暮らそう、

 その間もし此の身に何が有ろうとも、それは甘んじて受けて行こうと腹を決めた」

と言う事でした。

私達はこの覚悟が有るか無いかで

その人の人生が大きく変わって行く事を知らねばなりません。

この覚悟の定まった人間ほど力強さと美しいものは無い様に思う。

それは男であれ、女であれ全ての人達に言える事ではないだろうか。

今の政治の世界においても、

経済界における大企業の在り方においても、

誰一人国民の悲しみ、辛さ、苦しみを背負っている人が居ない様に思う。

全てが言い訳の世界になっている。

綺麗事の言葉だけを羅列してこの社会を乗り切って居る。

私は人間として生まれて来た以上、

私たち一人一人が誰かを背負う覚悟を持たなければならないと思っている。

拝金主義からの脱却である。

それが人間として生まれて来た意味だと思っている。

この心を失くした時、

親が子供を、子供が親を、妻が夫を、

夫が妻を、そして兄弟が姉妹が殺し合う時代が来るであろう。

否、すでにその時に入って居る。

教育の貧困の結果が形になって表れて来た。

今からでも遅くは無い。

お互いを思いやる心の発露が必要なのだ。

私一人が…私から始める時が来た。

人間「馬鹿と貧乏と死の稽古」だ。

合掌。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サイト内検索
総合カウンター
只今 人が観覧中
ご挨拶 (※詳細は画像をクリック↓)
コミュニティー『皆で情報交換&交流』
↑こちらをクリックした後、数秒間白い画面のままですがお待ちください。
過去の記事

全ての記事を表示する

総記事数:
公式 Facebook
公式 Twitter
TweetsWind
お問い合わせ (※詳細は画像をクリック↓)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。