ようこそ世界平和道場の公式ブログへ!!あなたとのご縁を感謝いたします。 Welcome to Global Peace Dojo's Official Blog!!
news

 第35回 『本来の精神に目覚めて』 (03/23)

 第34回 『この世に生れて来て』 (02/10)

 第33回 『解決の糸口』 (12/09)

 第32回 『全てのものに中心あり』 (01/15)

 第31回 『ご先祖』 (09/29)

 第30回 『I.H.M. WORLD創刊にて対談。佐藤昭二 x 木村方子』 (04/13)

 第29回 『台風の目』 (03/29)

 第28回 『覚悟とは...』 (12/31)

 第27回 『I.H.M.World特集~スペシャル 3~』 (10/30)

 第26回 『I.H.M.World特集~スペシャル 2~』 (10/17)

全ての記事を表示する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第32回 『全てのものに中心あり』

  明けましておめでとうございます。

 皆様におかれましては良いお正月の事とお慶び申し上げます。

 しかしここ数年前より、

 日本を取りまく国際情勢が著しい悪化を見せて居ります。

 また国内に於いても

 政治、経済、教育と益々国民不在の感が有ります。

昨年暮れに行われた衆議院の政権交代によっての今後に期待するところ大であります。

私はこれまで何度も

「全てのものに中心が有り、中心無きものは消滅する…」と申し上げて来た。

それは物質的ものであれ、精神的なものであれ同じである。

政治の世界に於いて

幸か不幸か政権与党として、君臨してきた民主党が選挙に於いて惨敗を期した。

中心が定まらぬ政党とはこう云うものであり、

成るべくしてなったものと私は思う。

ことに国際情勢に於いては、

まさしく中心を定め腹を据えて事に当らねば取り返しのつかぬ事となる。

政治の世界に於いて、いや我々の世界に於いて

常に中心は国家であると私は信じる。

しかるに数日前、民主党の元総理大臣がわざわざ隣の中国に赴き

「沖縄県の尖閣諸島は日中間の問題領土とすべきだ」と述べている。

此の方の中心は何処に在るのだろうか?

政治家とは常に自国の国益を考えて行動するものと思っていた。

それが仕事と思っていたのだが…

情けない限りである。

しかし、この様な事態になった全ての原因は私達にある事を悟らねばならない。

まさに私達の「志」の欠如がこの様な人を選び、

この様な形になって現れて来たのであると私は思う。

したがってこの3年3ヵ月は我々国民に大きな学びを与えてくれたと言えよう。

中心の定まらない、

すなわち「志」の欠如が国をも危うくすることを目の当たりに見たのだ。

戦後教育の中で「歴史」「宗教」「道徳」が意図的に外され、

その社会で育った私達が今こそ何を学ばなければならないのか?

そして本当の意味での「人間の幸せ」とは何か?を考える時が来た。

いま世界に目を向けると経済的に苦しんでいる国は沢山ある。

しかし何処よりも最も危機的状況にあるのは日本の様な気がしてならない。

対外的には経済大国として名を馳せているが、

内部的には大きな病魔に侵されている。

国内に起こっている諸々の犯罪、

事件を見れば誰でも判断出来る事で有ろう。

正に事件の内容が様変わりして来ている。

起こった事件に対処することも大事だが、

事件の奥にある闇の部分を分らなければならない。

それは正に教育の貧困がもたらしたものである。

それは知識で解決するものではない。

湧き上がる智恵が解決していくものである。

戦後教育の中で積み残したものを一つひとつ拾い集める時が来た。

合掌。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

サイト内検索
総合カウンター
只今 人が観覧中
ご挨拶 (※詳細は画像をクリック↓)
コミュニティー『皆で情報交換&交流』
↑こちらをクリックした後、数秒間白い画面のままですがお待ちください。
過去の記事

全ての記事を表示する

総記事数:
公式 Facebook
公式 Twitter
TweetsWind
お問い合わせ (※詳細は画像をクリック↓)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。